About Stage

劇場は世界で愛されている芸術形式であり、数百のショーがほんの数分で売り切れます。 ストレスを解消方法としても、魅力的な世界に没頭する方法としても、人々はさまざまな理由で劇や演劇作品を鑑賞します。

人によって、反応は異なり、その影響は他と比べて違います。 プレーを見ると、観客はより深く、個人的なレベルで影響を受けます。 そのため、この古代の芸能芸術は、時代の変化や現代技術の台頭にもかかわらず、人々の心に留まり続けています。

TMTボッコちゃんをさらに理解するには、劇場の歴史と、それが現代劇への道を開いた方法を学びましょう。

劇場とは?

その最も文字通りの定義では、劇場は劇や劇的なパフォーマンスが演じられる建物です。 同時に、演劇、演出、脚本、演出の芸術でもあります。 「見る」という意味のギリシャ語のtheaomaiから派生した演劇は、俳優が脚本に基づいて芸術的な役割を果たす演劇芸術を指します。

劇場は、ライブの観客の前でステージ上で行われるライブパフォーマンスに関係します。 悲劇やドラマからコメディーやロマンスまで、幅広いジャンルを網羅しています。

劇場は関連する問題に取り組み、時代の変化に適応します。 特定の目的を念頭に置いて作成された劇場のジャンルには、他のアートメディアとは異なる独自の規則があります。 例としては、政治劇場、抗議劇場、没入型劇場などがあります。

演劇の歴史

演劇が具体的にどこから始まったのかは誰にも分かりません。 一部の研究者は、演劇は宗教的儀式に由来すると結論付けました。 儀式を通して神々に敬意を払う方法として始まったものが神話を生み出し、最終的には舞台芸術や演劇になりました。

西部劇は、今日私たちが知っているように、その起源は紀元前6世紀の古代ギリシャにあります。 当時、喜劇と悲劇が唯一の劇場形式でした。 これらの対戦となる演劇は、ギリシャの演劇とワインの神であるディオニソスに敬意を払う劇作家と学者によって書かれています。

ディオニュソスに捧げられたフェスティバルには、14,000人の観客を収容できる屋外円形劇場で行われる演劇競技が含まれます。 悲劇はかつて、コメディーがステージに加わるまで俳優が演じることができる唯一の形でした。

アテネでは、演劇を見ることは市民の義務と見なされていました。共に、アテネの市民は彼らの政府の価値と仕組みについて考えます。 劇場は、家族や州などのさまざまな機関が演じられる実際の人間の経験を利用しているため、観客の思考を成熟させる質問をもたらします。

世界中の演劇

テキストやその他のパフォーマンスに触発されたように、各国は演劇に独自の見解を持っています。 フランス人は、従来の論理を放棄し、現実的な設定、性格、状況を拒否する不条理な劇場を発明しました。

1950年代のイギリス人からキッチンシンクドラマが登場しました。 それは現実的な家庭の経験を反映して、労働者や中流階級の人々の日常生活を扱います。 これは、その前に登場した高貴なキャラクターによるエレガントな演劇とは大きく異なります。

東では、中国と日本がともに数世紀にまで遡る数多くの演劇形式を維持してきました。 日本で最も最初の戯曲には、仏教の戯曲、神道の神楽文楽と呼ばれる人形劇などの宗教舞踊が含まれます。 これらは、劇的なプレーの幅広い世界のほんの一例です。

知的な活動として始まったものがコミカルなパフォーマンスに変わり始めました。

日本の演劇

日本の演劇の神話の起源は、太陽の女神である天照大神の物語に端を発しています。兄弟に絶え間なくからかわれた後、彼女は岩の後ろに隠れ、完全な暗闇で世界を覆い隠しました。 夜明けの女神の喜びとお祭り騒ぎだけが助けになりました。 彼女は歌い、踊り、服を脱ぎ始めると、太陽の女神が岩から現れ、全世界を再び彼女の光の下で浴びせました。

しかし、初期の儀式を振り返ると、神道で行われる神楽など神楽舞踊から日本演劇が生まれたと言われています。 田舎では、収穫祭の際に田楽や野外音楽が演奏されました。 人々はジャグリングやダンスなどのコミカルなパフォーマンスを演じていました。

これらの踊りの組み合わせと発展を通じて、日本の能楽は発展しました。 Nohには驚くべき範囲のトッピクスの5つのタイプがあります。 幕府時代の日本文化のほとんどを網羅しています。 神社、戦士、自然についての物語から、女性の発狂と地球に現れる超自然の生き物についての物語まで多岐にわたります。 彼らは神道のアイデアと人間と自然のつながりに深く影響を受けています。

時代が経つにつれ、日本の演劇は、若者たちの愛や感傷的な物語などの中流階級のテーマを取り入れ、現代の世界に適応しました。 19世紀には、人気の連載された小説から引き出されて劇に取り入れられた新派と呼ばれる新しい形式が見られました。

1900年代に、新劇と呼ばれる新しいムーブメントはヨーロッパで翻訳された劇的な作品を演奏することに集中しました。 中流階級の歓喜から始まり、これらの劇は知的描写と現実的で人道主義的でリベラルなテーマに焦点を当てました。

1960年代、日本の演劇は主流の新劇の抜本的な代替品を目にしていました。 地下劇場やアングラが栄えた。 それは、新劇が誇りとするその信条を拒否しました。分類がより困難だったポストモダンの作品が80年代以降に登場しました。 終末論的な物語についての非線形の物語を利用したな演劇は、いくつかの例です。

カーテンを引く

ドラマティックアートの歴史を振り返った後、演劇の最も重要な側面の1つであるステージについて詳しく見ていきましょう:ステージ。 ステージデザインなしでは制作は不完全です。 ストーリーの本質を引き出し、観客を劇の豊かな世界に浸すことを目的としています。 これが起こるために、観客は彼らの不信を喜んで一時停止しなければなりません。 それを保証する1つの方法は、説得力のある景観デザインです。

ステージについて

舞台とは、俳優が演じ、劇が行われる劇場内のスペースです。 これは、俳優がその役割を実行するための指定されたスペースであり、観客のための焦点です。 ストーリーには不可欠な役割を果たしているため、さまざまなタイプのステージがあり、これらのステージは様々な目的で作成されています。

舞台は、観客から俳優をつなぎ、遠ざけるものであり、逆もまた同様です。 これは、演技と実生活を分ける線です。 その場合、それは劇のデリバリーにおいて重要な役割を果たし、そのデザインは制作全体に影響を与えます。

劇場の制作で使用されるステージのタイプは次のとおりです。

  • プロセニアムステージ

プロセニアムステージは、劇場で最も一般的なステージです。 これには、プロセニアムアーチと呼ばれる、3つの側面でステージを囲む建築フレームがあります。ステージは通常地面から数メートルの高さにあり、俳優と聴衆を隔てています。

  • スラストステージ

スラストステージでは、観客と俳優の間に、より親密な設定があります。 ステージを構成し、バックステージを分離する弧はありません。 プラットフォームは講堂に伸びています。 観客を3つの領域に分離します。ステージの前と左右の側面です。

  • 円形劇場

このタイプのステージは、アリーナに似ています。 この設定では、ステージは地面に平らで、観客は四方を囲みます。座席は高く、ステージのデザインは最小限に抑えられており、観客の視界を妨げません。

  • ブラックボックス

ブラックボックスステージまたは劇場は、4つの壁、床、天井のある黒く塗られたオープンスペースです。 観客とパフォーマーを分離する高度なプラットフォームはありません。観客が会場を占拠しても会場全体が舞台として機能します。

星新一とボッカちゃんの紹介

是非、TMTボッコちゃんにいるマスターストーリーテラーによってお楽しみに! ほんの数語の単語とシナリオを使用するだけで、星伸一の「ショートショート」は「サイエンスフィクションの俳句」と見なされています。

星新一の死から20年後、尊敬される東京芸術劇場は、彼の初期の作品の1つを待望の改作で上演しました。 「ボッコちゃん」を入力すると、信頼できないロボットのBガールについての短くて痛ましい作品です。

1960年代に書かれた「ボッコちゃん」は、星の最も人気のある作品です。 意外と悲惨なエンデイングで、陰謀と会話を誘発することは決してありません。 これがフラッシュフィクションの力であり、星のフォルムの習熟によってさらに強化されます。

「ボッコちゃん」は、人間性、表面的、知的な美しさをテーマに、人間の性格が他者や自然のカルマの流れにどのように影響するかを掘り下げます。

星は数十年を超える物語を作り上げました。 そして今、韓国国立演劇団は、物語の本質を捉え、それを日本の聴衆に届けように俳優を働かせています。 TMTボッコちゃんで今すぐ入場券をお見逃しなくご予約をどうぞ!