TMT:今年、どうしても見たい劇、『ボッコちゃん』

TMTは、日本のさまざまな文化施設で公演している日本の劇団です。ほとんどの上演作品は、日本全国のさまざまな地域に伝わる神話や民話を題材にしたものです。コロナウィルスのパンデミックの脅威のなかではありますが、TMTはソーシャルメディア上で発表する劇を準備しています。現在、劇場版『ボッコちゃん』は著名な劇団によって上演されています。

『ボッコちゃん』は日本の人気作家、星新一の作品です。この『ボッコちゃん』は、星新一のSF作品のなかでも絶大な人気を博したものです。劇に命を吹き込むため、野田秀樹が脚本および製作監督を担当します。劇場版『ボッコちゃん』の製作中、野田秀樹は日本の著名な劇作家と協業します。また、TMTのスタッフも劇の準備に参加します。 

劇場版『ボッコちゃん』は、製作および舞台演出でTMTと永年協業している韓国ナショナル・シアターカンパニーによって製作されます。この2つの製作会社は、以前にも去年成功を収めた『半神』の上演で協業しています。この劇の脚本も、野田秀樹が担当しました。 

TMTグループによれば、『ボッコちゃん』は歌舞伎の上演で圧倒的な実績を持つ、東京の歌舞伎座で上演されることになっているということです。また、同グループは感染拡大のさなかにおいても、人々が見て楽しめるものを提供するために今回の上演に踏み切ったと述べています。日本ではまだ外出自粛が続いていますが、TMTグループと監督は歌舞伎座での上演、およびYoutubeやFacebookなどのソーシャルメディア上の公表を決めました。 

この劇の上演には、業界の重鎮が名を連ねています。以下は『ボッコちゃん』のキャスト一覧です。

  • 本谷有希子
  • 寺山修司
  • 平田オリザ
  • 串田和美
  • 茂山宗彦

また、脇役としてTMTのスタッフも上演します。上演人数を制限するため、端役はチームのスタッフが担当します。

製作開始は本年7月5日が予定されています。とはいうものの、制作側からは準備にどれくらいの時間がかかるかに関して何もコメントされていません。東京では未だにほぼすべての活動が停止されていることから、移動や製作に必要な資材の調達は困難となることが予測されます。 

劇場版『ボッコちゃん』は、今年最も待ち望まれている作品です。コロナウィルス感染拡大による制限はあるものの、劇を支える者は日本で最も人気を博した短編小説の劇場化を待ち望むファンのためにも、この劇ができる限り最高の作品となるよう熱望しています。 

劇場版『ボッコちゃん』についての最新ニュースはTMTのウェブサイトにてご覧いただけます。製作チームによれば、サイト上で高画質での視聴を希望する場合は早期予約が必要とのことです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *