TMT Bokochan :ここでは、町で最も待望の演劇に関する最新ニュースをご紹介します

TMT ボクチャンは日本で最も人気のある演劇のひとつです。 この待望のイベントは、韓国国立劇場と TMT プロダクションの発案で、今年の最も壮観なパフォーマンスを生み出すためのコラボレーションです。

業界で最も人気の高い取締役の 1 人、鄭イン UL 氏が率いているこの 2 チームは、星伸一が書いた文学作品に命を与える。 興味深いプロット以外にも、この SF 小説は、印象的な制作のセットアップと、俳優や女優の才能あふれるセットで、嵐によって舞台に立つだろう。

鄭イン UL によると、この一生に一度の生産活動をすることに非常に興奮している。 さらに、映画業界で最高の俳優や女優と仕事をすることを楽しみにしていると、彼は語った。

「この新しいプロジェクトに取り組むことを非常に楽しみにしています。 私はその本を読み、その物語の可能性を見た。 さらに、新しい本に私が演劇のキャスト」と働くために非常に興奮する特性があるインタビューの間に言った inUL 。

さらに、視聴者は、ストーリーを刺激的にひねり、変化させるために自らを強化すべきだと、同氏は述べた。 彼は彼および乗組員が舞台を設計するために懸命に働いたことを言ったそれは本で描写される 1 つのように丁度見る。

「現在、業界で最高のアーティストや制作オーガナイザーと協力しています。 セット作業中、私たちは、お客様を楽しませるバーエリアがステージの中心になるべきだと結論しました。 今、本の Hoshi の説明の後に、より本物の雰囲気を与えるために、バーのモデリングを行っています」。

ここでは、ボコカンの演劇スケジュールをご紹介します。

 

5 月 30 日(木) ~ 19 時

5 月 31 日(金) ~ 19 時

6 月 1 日(土) ~ 14 時(土) 19 時

6 月 2 日(日) ~ 14 時

所要時間: 90 分(インターミッションなし)

 

また、セット間には相互運用番号があります。

  1. 「牧子ちゃん」より「ミス・ボクコ」(「ボクコちゃん」)
  2. 「多くのタブー」の「知人」(釜山のタブー)
  3. 「誰でも聞くことができるか」(「おおいデコイ」)「ぼこちゃん」
  4. 「ボクコちゃん」の「鏡」
  5. 「宇宙の人」(「内野の音頭」)「宇宙からの挨拶」(「内野通路」)
  6. 「フェアリー・ディストリビューター・カンパニー」の「デバイス」(「一つのそち」)(「与成海(よさいはき)」)

※新町文庫全号

 

日本で最も人気のある映画のような体験をお楽しみいただける、このホットパフォーマンスのチケットを今すぐご予約ください。 ただし、チケットを予約する前に、まずプレイの利用規約をお読みください。 また、購入前に上記のスケジュールを参照して、自分のスケジュールに合ったスケジュールを見つけてください。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *